• ホーム
  • 肌の疲れを解消できるごま油でスキンケア効果がアップ

肌の疲れを解消できるごま油でスキンケア効果がアップ

タオルで顔を拭く女性

忙しい毎日を送っていると、なんとなく肌が疲れて見えてしまうことがあります。
忙しさのあまり生活が不規則になってしまうと、睡眠不足になったり、食事習慣が乱れてしまうこともありますがこうした日々の疲れや生活習慣の乱れのしわ寄せは肌に来てしまうことが多いのです。
まずは生活習慣を見直して睡眠や食事を改善することが大切ですが、同時にスキンケアを工夫することによって肌がみるみる生き返りくすみ知らずの美肌を演出することができるようになります。
効果的なスキンケアがごま油を使ったマッサージです。
食用のものではなく美容用のセサミオイルは無色透明で匂いもなく、エステサロンやアロマサロンのキャリアオイルとしても使われている大変美容効果の高いオイルです。
このオイルを使って、顔をマッサージすることで、血行促進効果、アンチエイジング効果があるので、お風呂上がりのスキンケアタイムにぜひ取り入れたいトリートメントとなります。
ごま油に含まれる主成分として知られているリノール酸やオレイン酸は抗酸化作用が高く、疲れやストレスにより発生する活性酸素を撃退して天然のアンチエイジング効果が期待できます。
特にリノール酸はニキビ予防にも効果があるとされている美容成分で、肌あれを抑えてキメの整った美肌をつくるために効果的な美容成分です。
またごま油はビタミン、ミネラルを多く含み栄養豊富な上に、マッサージに使うことで血行促進して、肌のくすみを取ることもできます。
またごま油に含まれるゴマリグナンはホルモンバランスを整える効果もあり、ホルモンバランスの乱れによる肌荒れにもスキンケア効果を発揮してくれます。
お風呂上がりの肌に、ごま油を適量とりくるくると円を描くようにマッサージをする美容習慣を取り入れることで美肌を演出してくれます。

美容用のセサミオイルを使うことで有名なのが、アーユルヴェーダです。
アーユルヴェーダはインド発祥の伝統医療で、ドーシャと呼ばれる人のエネルギーのバランスを保つため、セサミオイルを始めとした様々なオイルを使用して体のマッサージを行います。
オイルには抗菌作用や血行促進、代謝促進などの効果があり、免疫力を向上させたり疲労を回復させたりすることが可能なので、インドでは医療行為として認められています。
最近日本でもアーユルヴェーダサロンが増えていますが、ほとんどはマッサージを模したサービスのため、本場インドと比べて効果は低くなっています。
本格的な効果を望むのであれば、アーユルヴェーダ施術が可能な病院やマッサージ師の資格を持った方がいるサロンへ行くことをおすすめします。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧